部下・後輩からアプローチされた時の対処法

MENU

部下・後輩からアプローチされた時の対処法

スポンサーリンク

同じ会社に勤めている男性に明らかに好意を持ってアプローチされたら嬉しいものですね。
しかし、その男性が自分より年下の部下・後輩だったとしたらどうでしょうか。
女性としては素直に喜ぶよりも、まず悩んでしまうものではないでしょうか。
職場で、もしも部下・後輩からアプローチされたときの対処法とはどのようなものでしょうか。

 

 

男性は年上の女性に憧れるもの

年下の彼に好意を持たれると、女性としての自信もつきますし、嬉しいものです。
しかし、急に彼の元へ走る前に一度だけ冷静になりましょう。
男性は母親の存在から始まって、年上の女性に憧れるものです。
自分よりも仕事ができて、包容力のある女性に好意を持つことはありますが、イコール恋愛感情ではないかも知れません。

 

年上の女性に対する崇拝や憧れというプラトニックなものかも知れないのです。
その好意を恋愛感情として受け止める前に、まずは彼の本意を知ることが大切です。
彼と母親との関係、母親やもしも彼にお姉さんがいるのなら、家族についてどう思っているのか一度訪ねてみましょう。

 

 

自分の気持ちを整理する

年下の彼に告白されて付き合うことになった場合、自分の気持ちとしてはどうなのでしょうか。
友人には二人の関係をどうぼやけて伝えても「年下の彼氏」であることは知られてしまうでしょう。
会社に知られることになっても堂々と付き合えるでしょうか。
もしもそこまで彼のことが好きで、何があっても自分が盾になるとう考え方ができるようでしたら、自分からも積極的にしていきましょう。

 

 

彼に対して牽制すること

もしも付き合うことになったら、若い彼が浮気をしないか常に心配していなければなりません。
そのような心配をすることが耐えられないのでしたら、最初から「浮気は許せない性格だから」と彼を牽制しておきましょう。
年上の女性はどうしても無理に母性本能を強調して「お互い自由だから」などと言ってしまいがちです。
決して譲れない部分があるのなら最初から伝えることにより、彼の真剣さを試してみた方が良いでしょう。

 

 

おわりに

職場で部下や後輩に明らかにアプローチされていると感じても、きちんと告白されるまでは気がつかないフリをしておいた方が良いでしょう。
あまり貴女の情熱に火が付くのが早過ぎても、職場ですので貴女の評判が悪くなる危険性もあります。
告白されて初めて「実は自分も好きだった、でも不安な点がいくつかあるから聞いて欲しい」と、あくまで素敵な大人の女性の対応ができるようにして下さいね。

スポンサーリンク

関連記事一覧