社内で男性からアプローチ、告白された時どうしたら良いか

MENU

社内で男性からアプローチされた時どうしたら良いか

スポンサーリンク

社内の人と男女関係を持ってしまうと、仕事へ行く楽しみが持てる反面、別れた時や、周囲の人に知られてしまった際に、働きにくくなるというデメリットもあります。
また、男性から一方的にアプローチを受けてしまった時も、どうしたらいいのか悩んでしまいます。
社内恋愛の中でも今回は、社内の男性からアプローチを受けた時の、対処法をご紹介します。

 

 

好きではない男性の場合

好きではないけど、同じ会社でこれからも関わっていかなくてはならないので、邪険には扱う事ができません。
しかしながら後々のトラブルを回避する為、中途半端に気を持たせるより、早い段階で、はっきり恋愛感情が無い事を伝えましょう。
言い方も、あなたの事は大切だけど、恋愛感情ではないという旨を話し、その上で、仕事仲間としては、これからもいい関係でいたい事を伝えれば、男性のプライドを傷つける事なく、上手く断る事ができるでしょう。

 

 

上司の場合

これが一番困るパターンです。
できるだけプライドを傷つけないよう、さりげなく恋愛関係になる事を回避する必要があります。
例えば薬指に指輪をつけたり、会話の中で、彼氏の存在をアピールしたりして、相手が本気になる前に気づかせます。
もしそれでもしつこくアプローチされ、仕事に支障をきたすような事があれば、信頼できる先輩に相談して、どのように対処すればいいのか意見を求めるのも手です。
会社の中で権力があればある人程、こじれた時にややこしい事になるので、安易な言葉で断るのは避けましょう。

 

 

好きな男性の場合

これは女性からしたら、願ったり叶ったりだと思います。
素直にアプローチを受けて、関係を進展させましょう。
しかしながら注意もあります。
極力社内恋愛は、周囲の人にバレないように行うのが鉄則です。
周囲の人間の、仕事をやりにくくする可能性があるからです。
仲のいい同期でも、相談するのは1人か2人程度にとどめておき、間違っても誰彼構わず、言いふらしたりしないように心がけましょう。

 

 

おわりに

社内の男性と、仕事仲間としていい関係を続けていくには、恋愛相手として見てもらう前に、社会人として、認めてもらうのが重要です。
その為には、女性だからと楽な仕事ばかりを選んだり、甘い考えを持つのは辞めましょう。
立派な社会人として認めてもらえれば、例え恋愛関係でいれなくなっても、いい仕事上の関係を続けていく事ができます。
会社は恋愛をする場所ではなく、仕事をする場所である事を忘れず、過ごすように心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧