社内恋愛を始める前のデートは同じ会社の人に見つからないように

MENU

社内恋愛を始める前のデートは同じ会社の人に見つからないように

スポンサーリンク

10年前、東京の企業に転職したわたしは、29歳になっていました。
そろそろ結婚を考えなければならないと思っていたのですが、東京に引っ越したばかりであまり知り合いもなく、どうやって結婚相手を探したらよいかわからない状態でした。

 

幸いにも同じ部署に一つ年上の男性がいて、とてもおもしろい人でよく一緒にあそびに行ったりしていました。
でも、あくまでも友達という感じで、恋人にはなりませんでした。
わたしがその会社に入社して5か月ほどが経った頃、一人の男性が別の部署に入社してきました。
その人はわたしより一つ年上で、見た目も悪くないし、仕事も同じ会社なのでどのくらいの給料をもらうかとかもわかるし、うわさではとても誠実な人とのことでした。

 

わたしはその男性と知り合いになりたいとずっと思っていたところ、なんとラッキーなことに、わたしのいる部署にしかない特別なコピー機のところに彼がやってきたのです。
わたしはコピー機の近くの席だったので、ラッキーとばかりに彼がコピーをしている間、いろいろおしゃべりを始めました。
少し顔見知りになることができて、とってもうれしかったです。そしてとても感じのよい男性だと思いました。

 

それから、会社の食堂でたまたま一人でいた時に彼も食堂にいて、一緒にランチするようにもなりました。
そのうちに、同じ会社のほかのメンバーと一緒にみんなであそびに行ったりしたことから、彼とわたしはさらに親しくなっていきました。
そしてある日、携帯電話番号やメールアドレスを交換しました。
わたしは早速、友達が大学でオペラをするからそれを見に行かないか、と誘いました。
すると彼はすぐに返事をくれ、OKと言ってくれました。

 

それからわたしたちは二人だけでデートすることが増えました。
ですが、同じ社内では彼のことを狙っている女性が何人もいたので、ばれないようにデートするのがとても大変でした。
土曜日などお休みの日は全然みんなが知らないところで待ち合わせることができるのでよいのですが、平日の仕事の後のデートをする時の待ち合わせの場所を決めるのはかなり大変でした。

 

ある日、会社の最寄の地下鉄駅で待ち合わせした時は、ライバルにわたしたち二人が一緒にいるところを見られ、後でその人からしつこくいろいろ聞かれました。

 

そんな感じでハラハラしながらのデートだったのですが、3回目のデートで彼とおつきあいをすることになりました。もちろん、会社でみんなにばれたら面倒くさいのでこっそり付き合っていました。

 

社内恋愛はこっそり付き合うほうが、他の人に刺激を与えることもなく、また別れてしまった時のことを考えてもよいと思います。

スポンサーリンク

関連記事一覧