姉の彼を悩んだ末、占いで自分の恋人にしました

MENU

姉の彼を悩んだ末、占いで自分の恋人にしました

スポンサーリンク

私には、姉がいます。
姉は私よりも5歳上です。

 

いつも親の口論におびえる私をかばってくれたのは、姉でした。
姉が小学校に入ったころにも、いつも姉の後を追いまわして
学校のお友達と約束をしても、私が泣きわめくので誰とも遊べなかったらしいです。

 

私が12歳のころ、両親は長いケンカに疲れたのか離婚をしました。
父親に育てられ、そこのろ、姉が家事をやっていました。

 

高校に通いながら、学校の帰りにスーパーマーケットにより重たい袋を抱えて
疲れた顔で帰ってくる姉の顔が印象的でした。
父は毎日仕事で遅かったせいもあり、私は姉と一緒に居る時間が長かったです。
でも、姉は私には母親がいないとかわいそうだと思ったらしく、いつも優しく接してくれました。

 

姉が20歳になったころに、姉には彼が出来ました。
家の電話が鳴ると、姉は嬉しそうに受話器越しに彼と会話をしていました。
私はその時、高校1年でした。

 

父が仕事で忙しいということもあり、姉は彼とデートで遅く帰るようになりました。
姉は彼を家に連れてくるようになりました。
2年ほど経っても姉は、私が一人になったら可哀想だから結婚はまだしないの、それが口癖でした。

 

姉の彼は印刷会社の営業マンでした。
私も高校を卒業して就職することになり、大手の印刷関連の会社の経理の仕事に就きました。
本社の経理という仕事はとても大変神経の使う仕事でした。

 

いつものように出勤して、エレベーターに乗ったときに、名前を呼ばれました。
振り向いたとき、ビックリしました。
そこに居たのは、姉の彼だったのです。
印刷会社の営業をしていると聞いていましたが、まさか同じ会社だとは思っても居ませんでした。

 

私は、姉の彼に朝逢えるかどうか、エレベータ―の前で待つことが続き、
姉の彼に心惹かれている、自分のことを責めるようになっていました。

 

姉はそのことを知りませんでした。
私は、思い切って姉の彼に自分の気持ちを言いました。
彼は、姉とは既に冷めていると言われ、私は、彼と食事に行くようになりました。

 

でも私の中では、葛藤が続いていました。

 

悩んだ末、ネットで辿り着いたこのサイトの占いランキングを参考に
女性の占い師の先生に自分のことを相談するため、電話占いの予約を入れました。
電話で占ってもらった結果、あなたは自分の信念を曲げない方が良いとのことでした。

 

私は、迷った挙句の果てに彼と一緒に、姉に話があると言って、喫茶店で待ち合わせをしました。
姉は、もう知っているような感じの顔をしていました。
私は姉にごめんねと言いました。
彼も、はっきりと姉に別れを告げました。

 

私は姉の彼を自分の恋人にしました。
今では結婚して20年になります。
旦那は印刷会社の営業部長をしています。

スポンサーリンク

関連記事一覧