6年に及ぶ社内恋愛で今は専業主婦として彼を支えています

MENU

6年に及ぶ社内恋愛で今は専業主婦として彼を支えています

スポンサーリンク

大学を卒業し、新入社員として入った会社で6年に及ぶ社内恋愛をしていました。
彼は同じ会社の同期で、新人研修の後の打ち上げ(飲み会)で仲良くなりました。
決してイケメンでもなく、おしゃれでもなく、話が上手いわけでもなく…。

 

その頃、私は人生最初で最後のモテ期が到来しており、会社の先輩や別の同期から
それとなく交際の話や、どこかに遊びに行こうという話を持ちかけられていました。
それまで、そんなにモテた経験が無く、どちらかと言うと人見知りするタイプの私には
正直、あの手この手で断る事に疲れていたので、そういったギラギラ感が無い
彼とのおしゃべりは純粋に楽しめたのかもしれません。

 

彼とは同期といえども、部署も違えばビルも違うため、それほど会う機会もなかったの
ですが、会えば気軽におしゃべりするくらいの間柄になっていきました。

 

入社から数か月した頃、また研修会があり、その飲み会で初めてプライベートで会う約束
をしたのがきっかけで、付き合うことになりました。

 

私が勤めていた会社は、割と大きな会社で若い人が多いため、社内恋愛はかなり活発
でした。
中には内緒で付き合っている人もいたでしょうが、基本的には皆オープンにしていましたし、
それで上司に何か言われるというような事もなかったため、私たちがつきあっている事も
自然と周知されていった感じです。

 

実際につきあいだしてからは、会社帰りに会うこともありましたが、お互い忙しいため
会うのは休日がほとんど。
仕事の絡みで電話をしたり、会うこともありましたが、公私混同していると思われるのが
嫌だったため、つきあい出してからは「会っても気軽におしゃべり」することは無くなりました。
もちろん簡単なあいさつくらいはしますが、からかわれるのが嫌なので、同期の飲み会が
あっても別の人と話したりと、何だか変に意識してしまっていた気がします。

 

同じ職場の同期(男性)とランチに出たら、彼と鉢合わせして、別に悪いことをしている
わけではないのに、何となく気まずい思いをしたことも。

 

そんな感じだったので、周囲には「あの二人は大丈夫なの?」なんて囁かれていたらしい
のですが、交際は順調にすすみ、結婚しました。

 

結婚後、私は会社を辞めて専業主婦になりましたが、今でも同期とのつながりは多いため、
社内での夫情報は耳に入ってくる状態です。
夫はあまり会社の愚痴を言わないのですが、同期に、「夫くん、最近すごい忙しそうで
大変だよね。めちゃくちゃ頑張ってるよ!」なんて事を聞いたりすると、改めて大切に
しなきゃな~なんて思います。

 

社内恋愛は良い面ばかりではないけれど、私にとっては良い思い出です。

スポンサーリンク

関連記事一覧