片想いしていた彼をチャネリング占いで先輩から略奪

MENU

片想いしていた彼をチャネリング占いで先輩から略奪

スポンサーリンク

私は、高校卒業後に簿記の資格を取るために、専門学校に入りました。
そこでみっちりと簿記を勉強しました。2年で私は簿記の資格1級を取ることができました。

 

その専門学校では、仲のいい友人に恵まれました。
学校は繁華街にありましたので、よく学校の帰りに飲み会にも行きました。
でも私は、お酒が基本飲めなかったのでウーロン茶ばかり飲んでいました。

 

その頃の私は、痩せていてみんなからガリちゃんと呼ばれていました。
明るい楽しい専門学校の仲間に恵まれて、2年間本当に楽しかったです。
卒業の時は泣けました。でも、彼氏は出来なかったんです。
好きな人は居ませんでした。

 

私は、専門学校を卒業して大手の化学製造メーカーの営業会計という部署に配属になりました。
そこは、本社ビルということもあり、社員が1000人ほど働いていました。
私のデスクのまわりにも80人ほどの人がいました。
入社した時に同期で入った男性でパンダみたいな顔をした優しそうな人がいました。
私はその人のことがすっかり気になっていました。

 

同期会と言うものがあった時に、私はそのパンダみたいな彼のそばに座りましたが、
性格的に積極的に会話をすることが出来ませんでした。
彼は、噂ではお坊ちゃん育ちの大学を出ているので、大卒の女子社員じゃないと相手にしない
ような事を耳にしました。
私は、それ以来自分が大卒ではないことに関して、悲観的な気持ちを持ちました。
でも、同じフロアで働く彼の姿をついつい目で追う自分がいました。
完全に片想いの状態でした。

 

私は、その時仕事を覚えるのに必死でしたが、私を指導してくれた先輩が彼と帰り道が同じ方向だと
言うのを聞いて、先輩から私の気持ちを伝えてくれるように頼んでみたのです。
先輩は、いいよと言ってくれました。
私は、そのとき凄く嬉しかったのを覚えています。
それから様子をうかがっていましたが、先輩は彼に私の想いを伝えてくれたのか不安になりました。

 

私は、先輩に彼に私の気持ちを伝えてくれたのか確認しました。
すると、彼のことは諦めた方がいいよと言われました。

 

私は、理解に苦しみました。
結局悩んでも仕方がないので、友人が占った事があると言う電話占いのチャネリング占い師に電話で相談をしました。
チャネリングしてくれる占い師は、彼と先輩があやしいと言いました。
私は、悲しくて涙が止まりませんでした。

 

会社では秋になっていました。
その頃、先輩の異動命令が出ました。
女子社員に異動命令なんてあるのかと、不思議に思いました。

 

噂では、彼と先輩が付き合っていると言うことでした。占い師の言うことは本当だったのです。
会社的には、社内恋愛はご法度でしたので、異動させられたようです。
結局、彼と先輩は付き合うこともやめる結果になりました。

 

私は、彼にクリスマスに告白をしました。
彼は驚いたような顔をしていました。
先輩から、私の気持ちなど聞いてはいないと初めて知りました。
彼は、飲みに行く友人としてなら付き合ってもいいよと言ってくれました。
でも、私は彼がぽっちゃり型の人が好きだという事を聞いていたので、頑張ってガリから太ったのです。

 

彼は、私の努力を認めてくれて休みの日にはドライブに行くようになりました。
もちろん、社内恋愛なので極秘に動いています。

スポンサーリンク

関連記事一覧