倦怠期になっていた社内恋愛の彼に、プロポーズされました

MENU

倦怠期になっていた社内恋愛の彼に、プロポーズされました

スポンサーリンク

社内恋愛というものは、周りに隠しながらの付き合いだから神経を使うし、なかなか想像以上に大変なものです。

 

私自身も、社内恋愛をしていました。
同期の彼に告白されて、2年近くのお付き合いをしていました。
周りにもばれず、優しく明るい彼との付き合いはすごく楽しいものでした。

 

でも2年も付き合っていたので、私たちはお互いに、いいところも悪いところも知り尽くしてしまいました。
そして、悪いところばかり嫌に目につき、よく喧嘩になっていました。
俗に言う、倦怠期に陥っていたんだと思います。

 

大きな喧嘩をするたびに「このまま別れてしまうのかな」と思い、些細な喧嘩をするたびに「こんな状態で付き合っていけるんだろうか・・・」と悩みました。
私は彼と付き合っていく自信がなくなってしまい、彼に1ヶ月間距離を置かせて欲しいと頼みました。

 

1ヶ月距離を置いた間に、私はメール占いというものを利用してみることにしました。
職業柄、不定期な時間や日にちの休みなので、友達に相談に乗ってもらうのも気が引けたので、メール占いに相談してみようと思ったのです。
顔も見せなくていいし、声を相手に聞かせなくていいし、返信するのもメールを見るのも自分のペースでいい、という気軽さは、忙しいわたしにはぴったりでした。

 

プロフィールを見て、すごく好感を持てた姓名判断の占い師様がいたので、その人にメールを送りました。
それでもすぐ返信が返ってきたので嬉しかったです。
私が忙しくて返信が遅れたときでも、すぐに返信してくださったので、すごく安心感があったのを覚えています。

 

姓名判断の占い師様の占いは、本当に私の事をどこかから見ているんじゃないかというぐらい、当たっていました。
そしてその姓名判断の結果から導き出されるアドバイスはすごくやさしくて、自信をなくしていた私の心を癒してくれました。
アドバイスどおりに行動しよう、そしたら彼とまた仲良くできるはずだ、と勇気をもらった私は、毎日、アドバイスを実行するように頑張りました。

 

すると、彼の方から会いたいと連絡があり、彼が私の家に来てくれました。
彼の手には花束があり、何とプロポーズされたのです!
距離を置いた間に、私の大切さを感じてくれたと、彼は言ってくれました。

 

占い師様にアドバイスをされたことを実行したところ、彼にプロポーズされて、本当に毎日幸せに過ごしています。
占い師様に相談してからというもの、本当にとんとん拍子でいい事が起こります。
これからも困ったことがあったら、また相談したいなと思っています。

スポンサーリンク

関連記事一覧