社内恋愛からプロポーズへゴール出来る方法

MENU

社内恋愛からプロポーズへゴール出来る方法

スポンサーリンク

毎日顔を合わせる社内恋愛。
好きな人と毎日会える楽しみはありますが、なあなあの関係になる事が多いのです。
恋人に結婚を意識させるには、どうすれば良いでしょうか?
社内恋愛ならではの方法をお教えします。

 

 

社内であまり話さない

いつでも話す事ができますし、お昼も一緒に食べる事もできます。
帰りも一緒に帰るという方がいますが、これを毎日続けていると、自分達のプライベート位は別々で過ごしたいという思いになる可能性があります。
つまり、社内だけでお腹いっぱいになってしまうのです。
これでは、結婚したい!という思いは湧かなくなってしまいます。
彼に、淋しい、もっとプライベートでも話をしたい!と思わせる事が必要です。
社内での会話を極端に減らすだけで、彼は非常に淋しいと感じるものです。
二人の時間を増やしたいと思うので、もっと一緒にいる事ができる結婚が頭に浮かぶようになります。

 

 

他の同僚と仲良くする

常に近くにいるので、お互いに刺激が無いというデメリットがあります。
簡単に刺激を作るには、彼以外の男性と少し親しげに話すのが良いです。
彼も知らない様な男性なら、浮気を疑われてしまうので、彼も知っている同僚が良いのです。
彼は嫉妬すると同時に焦りを感じる様になります。
自分だけのものにしなくては!と思わせる事で、結婚に繋がるのです。

 

【上司に相談する】

 

社内恋愛では、周りも二人の関係を知っている事が多いので、周りの力を借りる事で上手くいくケースがあります。
同僚に相談するのも良いですが、たまに既婚者で結婚のデメリットばかりを話すような人もいます。
これは、彼が結婚するのは辞めておこうという気持ちに傾いてしまうので、同僚に相談するのは逆効果である場合があります。
こんな時は、彼と共通の上司に相談するのが良いのです。
真剣に相談する事で、同僚よりも親身になって聞いてくれる事が多いです。
上司に、そろそろ身を固めるのも良いんじゃないか?と言われると、彼の心は大きく動きます。

 

 

おわりに

二人の問題ですから、二人だけで解決するのも良いです。
しかし、社内恋愛ならば周りに祝福されて、結婚したいと思います。
大袈裟に聞こえますが、周りを巻き込んで協力してもらう事で、彼の気持ちが固まる事もあるのです。
少しズルい様にも感じますが、周りも協力しているうちに、本当に応援してくれるようになるものです。
周りが良かったねと、心から祝福してくれるような結婚なら、たとえ寿退社になったとしても、残った彼も働きやすくなります。
周りを頼る事ができるのも、社内恋愛の良いところなのです。

スポンサーリンク

関連記事一覧