社内恋愛で三角関係の泥沼にはまった時の対処法

MENU

社内恋愛で三角関係の泥沼にはまった時の対処法

スポンサーリンク

社内恋愛は、他人に迷惑をかけずに順調にいくことが前提です。
しかし、人間の感情が基本となるものですので、波風が立ってしまうこともあるでしょう。
社内恋愛でトラブルに発展してしまうことも珍しくはないのです。
もしも社内恋愛で三角関係になり、泥沼にハマってしまったら、どう対処すればよいのでしょうか。

 

 

二人の愛情を確かめる

どちら側にベクトルが向いている三角関係であっても、まずは当人同士で話し合うことが大切です。
お互いの気持ちはどうであるのか、もしも第三者に興味がないのに本人がその気になってしまっているのなら、早めに手を打つ必要があります。
三角関係で誰も傷つかない解決法というものはないと思いましょう。

 

しかし、フラれた方が腹いせに何をするか分からないという危険性もあります。
何があっても二人の絆をしっかりとつないでおくことを確認しましょう。

 

 

三角関係の好意を向けられている側に対して

三角関係は、一人の性格が良い為に、誰にでも良い顔をしてしまうことにより、第三者を勘違いさせてしまい起こるものです。
ドロ沼化する前に防ぐことができれば良いのですが、実際にそうなってしまった時には、沈静化するのを待つしかありません。
できれば好意を向けられた方が異動もしくは転職をするのが一番簡単に解決するでしょう。

 

 

一度別れたフリをする

よく借金を返す為に一度夫婦関係を清算するという方法をとる人達がいます。
社内恋愛で三角関係がドロ沼化するようなら、一度彼氏と彼女の関係を解消してみると良いでしょう。
これにより、彼或いは彼女が自分で解決策を見つけることを願いましょう。
第三者は、ライバル相手が身を引いたと聞くと喜ぶことでしょう。
その中で「今まで以上の恋人のことは考えられないので付き合うことはできない」ときっぱり断る口実ができたことになります。

 

 

第三者に間に入ってもらう

好意を持っている人と、向けられている本人とが話し合う場合、親戚か、どちらも親しい人間を同席させて話し合いましょう。
ドロ沼恋愛の相手も、困った様子をする男性を見ていると冷めてしまうこともあります。
こんな男性ならくれてやるわよ、と相手の女性に思わせるほど情けない男性を演じることができれば早いです。

 

 

おわりに

社内恋愛は、ドロ沼化してしまうと仕事に影響が出る可能性があります。
仕事に影響を及ぼして、社内全体を良くない雰囲気にした方が負けだと思いましょう。
とりあえずドロ沼恋愛の当人同士の話し合いをしている間は、女性は決して口を出さないようにすることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事一覧