嫉妬、嫌がらせ、社内恋愛を邪魔する人達の特徴と対策

MENU

嫉妬、嫌がらせ、社内恋愛を邪魔する人達の特徴と対策

スポンサーリンク

順調に社内恋愛を続けているにも関わらず、なんとなく邪魔や嫌がらせをするような人がいると、憂鬱になるものです。
決定的なものであれば正面から戦えるのですが、何となく嫌味を言ったり、仕事のミスをしつこく指摘するような行動を取られるのではストレスが溜まってしまいますね。
社内恋愛を邪魔する人達の特徴と対策について、タイプ別に考えてみましょう。

 

 

貴女へ対しての嫉妬心がある人の場合

元々彼に好意を持っていて、貴女の存在が明らかになった場合、挨拶をしても無視される等の「ガン無視」をすることがあります。
しかしこういう人の場合は、他の同僚にまさか彼に片思いしていたと打ち明ける訳にもいかず、孤立した戦いを仕掛けてきているものです。
特に害はありませんので、普通に対応すればよいでしょう。

 

 

付き合っていることに対してからかう男性の場合

やたらと下品な嫌味を言ってからかうような男性の場合、貴女に好意を持っているという可能性もあります。
嫌な顔をしたりすると益々エスカレートしますので、大人の対応をしましょう。
思い切り色気のある大人の女を演じ、微笑んでスルーしてしまいましょう。
口では何を言っても無駄です、視線で「お子ちゃまね」という態度をするのが一番です。

 

 

とにかく面白くない未婚の女性先輩

貴女が彼と順調にお付き合いしていることがとにかく面白くないというのが、未婚の女性先輩です。
このタイプの女性は敵に回すと集団で嫌がらせをしてくるものです。
一番多いケースが、「伝言をちゃんと伝えてくれない」というもので、全て貴女のせいにされてしまったりするでしょう。
仕事のミスも貴女のせいにされてしまうこともあります。
中には応援してくれる優しい先輩もいますが、うっかり信用してしまうと、優しいはずの先輩が実は情報を流していて、陰で悪口を言っていた、なんてこともあります。

 

対処法としては、その上の上司を味方につけましょう。
嫌がらせをされている、とつげ口するのではなく、ミスが発覚したり、伝言ミスによってトラブルになったときに、すぐに報告することです。
上司ならば、「どうしてそうなったか?」ということをについて大体の経緯が分かるものです。
或いは「最近ミスが多いけど、どうしたの?」と訪ねてくるかも知れないので、その時に「実は・・」と打ち明けるのも良いでしょう。

 

 

おわりに

嫌がらせも嫉妬も、時間が経つと段々面白くなくなってやめてしまうものです。
貴女にとっては辛いかも知れませんが、そんな時だからこそ彼との絆がより強まるものだと考えて、恋愛の肥やしとして下さいね。

スポンサーリンク

関連記事一覧