社内恋愛で懲戒解雇は可能なのか

MENU

社内恋愛で懲戒解雇は可能なのか

スポンサーリンク

会社には規則というものがあります。
同じ職場の男性とお付き合いをすることになった時に、就業規則を見てみたら「社内恋愛禁止」となっていたらどうしますか。
やっとできた大好きな彼氏なのに、社内恋愛がバレたら懲戒解雇になるということは有り得るのでしょうか。

 

 

法律的には有り得ない

社内恋愛は、全くプライベートな行為と言えます。
従って、原則としては懲戒解雇の対象にはなりません。
就業規則で禁止されていても、「会社の社会的な信用や評価を著しく傷つける行為があった場合」「会社にとって損失が生じた場合」でもなければ解雇はできません。
しかもそれには明らかな証拠がなければならず、社内恋愛をしたという見えない事実だけでは証明することは不可能なのです。
しかし不倫の場合は別で、相手の女性を妊娠させたり、奥さんが会社にクレームを入れてきたりという「職場の規律を乱す行為」に当たりますので、理由によっては解雇の対象となる場合があります。

 

 

どちらかが取引先の心証を悪くした場合

社内恋愛をしているだけでは問題はありませんが、少しの油断により、1.で述べた懲戒解雇となり得る原因を作ってしまうこともあります。
その最もありがちなケースとして、取引先の情報についてついうっかり口を滑らせて彼女に喋ってしまったことが伝わり、相手を怒らせてしまい、取引を中止されてしまったという時などがあります。

 

 

同じ部署の上司と部下の場合

同じ部署の上司と部下での社内恋愛の場合も可能性がないとは言えません。
書類を作成するのが部下で、チェックをするのが上司として、うっかり部下のミスを上司が見逃してしまい、決算報告書が間違ったままで役員会へ提出されてしまった場合には、恋愛関係による職務の怠慢とみなされてしまいます。

 

 

おわりに

余程運が悪くなければ、社内恋愛をしたからといって会社を揺るがすような悪影響を及ぼすことはまずありません。
しかし日頃から恋愛感情は抑えて仕事に精進するようにお互い励まし合いましょう。
また、同じ部署や社屋にいるよりも、どちらかが違った支店にいることで周囲もさほど気にはしなくなるものです。
もしも社内恋愛が続くようなら、早めに異動を願い出てはみるというのも良いでしょう。
その際には上司にきちんと打ち明けて、なるべく近くの支店に移して貰える様にしましょう。
間違っても地方や海外転勤などにはならない様に、二人でお願いして配慮して貰って下さいね。

スポンサーリンク

関連記事一覧