社内恋愛、気になる男性の脈あり、脈なしサイン

MENU

社内恋愛、気になる男性の脈あり、脈なしサイン

スポンサーリンク

社内に気になる男性ができたけど、彼は私のことをどう思っているんだろう・・・
少しは脈があるといいんだけど・・・
社内では他の人の目もあるので、直接聞くわけにもいかないし相手の気持ちがわかりにくいですよね。
ここでは少しでも相手の気持ちがわかるサインを幾つか紹介してみたいと思います。

 

 

脈ありサイン

よく目が合う。
1度や2度目が合うだけなら偶然かもしれませんが、何度も目が合う場合は脈ありサインでしょう。
目が合うということは、相手が自分を見ているということなので、気のない相手を何度も見たりはしませんよね。
「目は口ほどにものを言う」とも言います。
意識されている気がする。
他の人と同じように接しようと思っても、好きな人や気になる人にはどうしても不自然になってしまう時があります。
自分だけ妙によそよそしい時があったり、目が合ってもそらされる・・・なんて場合は、実は脈がある証拠なんです。

 

 

脈なしサイン

必要最低限の話しかしてくれない。
少しでも好意があれば、多少仲良くなりたいと思うものです。
長話とはいかなくても、少も世間話やプライベートな話をしてくれないようなら、まず脈なしサインとみて良いでしょう。
彼から話かけれれない。
性格にもよりますが、話しかけるのはいつも自分からという場合は脈なしかもしれません。
さらに話かけても、すぐに話が終わってしまうなら完全に脈なしでしょう。
気になる女性から話しかけれれると、たいていの男性は嬉しいものです。
少しでも会話したいと思うことでしょう。
自己アピールしないまでも、良い印象を持たれたいはずです。

 

 

脈ありか脈なしか、わかりずらい場合

いつも笑顔で温厚で誰にでも優しい人。
こういう人は万人に好かれるタイプですが、気持ちがわかりにくいです。
逆に個性の強いタイプの方が、表情がクルクル変わるのでわかりやすいといえます。
わかりずらい男性の場合は、思い切って誘ってしまうと良いかもしれません。
「お食事でも行きませんか?」とさり気なく切りだしてみましょう。
脈ありならOKしてくれるはずです。
しかし脈なしであれば、色々理由をつけてやんわりと断ってくるはずです。
OKの場合は返事も早いでしょう。断ってくる場合は、大丈夫だと思うけど、あとから連絡すると言ってくるかもしれませんね。

 

 

おわりに

気になる彼が脈ありなのか、脈なしなのか、知りたい!と思うの当然のことです。
自分に好意的なのか、無関心なのかは観察していればわかってくることもあるでしょう。
彼の気持がわからなくて、もどかしいと感じる時には上記のことを参考にになさってみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧