プライベートと仕事は割り切る!社内恋愛で注意すべきこと

MENU

プライベートと仕事は割り切る!社内恋愛で注意すべきこと

スポンサーリンク

今の世の中、コミュニティの発展によって出会いの方法はいろいろと増えました。
特に増えたのがインターネットを通しての出会いでしょう。
見知らぬ男女がインターネットのサイトを利用して出会うケースが多くなりました。
ただ、そんな時代にあっても出会いとして最も多いものの一つが職場での出会いです。
同じ職場というコミュニティの中にいることで、同じ目標に向かって頑張る一体感や、長く一緒に過ごすことによる連帯感、また人柄もわかり親近感も湧いてくるなどの理由から恋愛に発展することが多いのです。
ただし、社内恋愛をする場合は気をつけるべきことがあります。
何も考えずに社内恋愛をしていると、あとで思わぬ落とし穴が待っている可能性もあるのでここで注意すべきポイントを見ていきます。

 

 

職場では誰にも社内恋愛していることは話さない、態度に出さない

社内恋愛をしていて、それがバレるとあまりよくないイメージを周りに与えてしまいがちです。
仕事している最中に、イチャイチャするのなんて言語道断です。
一切誰にも話さないのがベスト。

 

信頼できる人だから話しても大丈夫だと思っていても、酒の席でついつい口を滑らしてしまう人も多いからです。
そうなると、周りから冷ややかな目で見られて仕事どころではなくなってしまいます。
イメージも悪くなって、会社に居づらい雰囲気が生まれます。
会社では仕事に集中して、恋愛相手に対しても職場の仲間のひとりとして対応することが大切です。
決して態度に出さないようにしましょう。

 

 

会社のパソコンや携帯電話を使ってプライベートなメールしたり電話しない

会社でパソコンや携帯電話を使っている人の中にはこっそりプライベートで利用している人もいますが、特に社内恋愛でこれを使うのはタブーです。
あまりに使用頻度が多いと、バレる危険性がアップします。
とくに女性の感は鋭いので、普段と違うことが多いだけで社内恋愛しているのではないかと疑われることもあります。
バレたら最後、悪い噂がどんどん広まっていき、会社での行き場を失うことにもなりかねません。
社内恋愛をするときは、慎重すぎるぐらいにするのが鉄則です。

 

 

有給を一緒に出さない

社内恋愛をしていて、パートナーと同じ日に有給を取るのは完全に疑われるパターンです。
旅行に行こうと思って有給を同じ日に取るなどは、社内恋愛をしていますと自分で行っているようなものです。
少しズラして有給をとったり、旅行は大型連休の時だけにするなどの配慮は十分にしましょう

 

 

おわりに

社内恋愛をする場合は、このように誰にもわからないようにすることがマナーです。
知られて良いのは、結婚するとわかった時だけです。
そうでないと仕事にも影響を及ぼす上に、もし別れた時にも気まずい雰囲気を作り出してしまいます。
仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切って社内恋愛をしましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧