社内恋愛のメリットとデメリット

MENU

社内恋愛のメリットとデメリット

スポンサーリンク

学生時代には出会いの場というのは結構あり、学校やサークル・バイト先・合コンなど、出会うチャンスというのはいくらでもありましたが、一旦就職などで仕事を始めると家と職場の往復で、職場や取引先・たまに合コンをするくらいで、早々出会いのチャンスなどは訪れません。

 

そこで一番恋愛関係に発展しやすいのが「社内恋愛」です。
どんな仕事をしているかも分っているし、職務の悩みなども共感できるので、恋愛関係にまで発展しやすいのだと思いますが、社内恋愛にはさまざまなメリット・デメリットがあるのも事実です。
では、社内恋愛には一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

 

社内恋愛のメリットとデメリット

 

メリット

 

職務内容や仕事の辛さも楽しさも分かち合える

仕事の大変さや辛さも分かち合えるので、より親密度が増します。職場で毎日顔を合わせることもさることながら、仕事が忙しい時にデートができなくても理解してもらえるので、つまらないケンカなどをせずにすみます。

 

仕事中とプライベートのギャップを楽しむことができる

ギャップというのは恋愛の大切なスパイスですが、仕事に対して真剣な姿勢でこなす一方、プライベートでは彼女に甘えるなど、このギャップが母性本能をくすぐられます。

 

ふたりっきりになった時のドキドキ感

エレベーターや給湯室などで不意にふたりっきりになった時など、誰かに見つかるのでは?というスリルや背徳感でドキドキなスリルが味わえます。

 

相手の収入も把握できるので将来への人生設計も立てやすく、結婚に至りやすい

結婚相手に仕事への理解を示してもらえると、男性はうれしいもの。仕事に理解があり、相手がどれくらいの収入があるのか分っているので、それだけ将来に向けての設計も立てやすいのです。

 

 

デメリット
ケンカした翌日も社内で顔を合わせなければならない

ケンカをしてすぐに仲直りができればいいですが、仲直りができないまま出社した場合、相手に会うのがすごくしんどくなります。

 

それでも大人ですので、仕事はきちんとこなさなければならず、精神的な負担が2倍になります。

 

別れた後、社内でほかの相手と付き合いだした等の情報を聞くなどして、いたたまれなくなる場合がある

社内恋愛をした結果別れた場合、関係を隠していたとしても偶然他の人から、元彼が同じ社内も人と付き合い出したなどの情報が入ってくるなど、気持ちが重くなるパターンがある。

 

職務内容が分っているので、合コンなどのアリバイが作りにくい

仕事に理解があるのはありがたいのですが、息抜きに合コンへ誘われた場合にも、仕事が忙しくて残業していたなどのアリバイ工作ができません。

 

仕事で失敗した時など、すぐに相手に伝わってしまう

男性は自分の失敗など、カッコ悪いことは、好きな女性には特に知られたくありません。それでも何か大きな失敗をやらかした場合には、すぐに社内に広まってしまいます。

 

 

おわりに

社内恋愛にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、好きな気持ちはそうそう止められないものです。
自分で上手にデメリットを乗り越えつつ、幸せな恋愛をしていきましょう♪

スポンサーリンク

関連記事一覧